お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

TOPICS

【tim.】18春夏 入荷

毎回確かなモノ作りとその独特な雰囲気を提供し続けているtim.(ティム)。
417での展開も4シーズン目。
今回も程よい抜け感のあるアウターが早くも到着しました。
20180209_417_tim_1.JPG
20180209_417_tim_2.JPG
【18011313000410】tim LIKE A PUMPKIN BLOUZON NYLON \37.000+TAX
サイズ:2.3 カラー:アカ.クロ
トレンドのドリズラーをベースに、張りのある生地で上品な仕上がりに。
スタンドの襟には、フードも内蔵。
春先に一枚あると、非常に便利な1着。
20180209_417_tim_3.JPG
20180209_417_tim_4.JPG
【18011313000510】tim SAFARI-SUIT-JAKET ¥40.000+TAX
サイズ:2.3 カラー:ベージュ.コン
ユーティリティジャケットをベースに、贅沢にもシルク100%の生地。
生地の艶が、野暮ったくなりがちなディテールを消してくれるので、どんなスタイリングにでもハマるジャケット。
シャツの様に軽い素材で、夏まで着れるアイテム。
20180209_417_tim_5.JPG
2010年秋冬シーズンにニューヨークでブランドデビュー。
ティム(tim.)は松村大基(Taiki Matsumura)が手掛けるファッションブランド。2010年秋にニューヨークでデビュー。
生地とクオリティにこだわり、素材の持つ個性を活かしたデザインで、ノーブルでありながらもどこか力の抜けた、温もりや優しさを感じるスタイルを提案。
デザイナー松村大基のさまざまなポジションから培われた経験と、ニューヨークと東京の異なるバッググラウンドから受けた影響がデザインに反映されている。エレガントで洗練されたデザインに、リアリティのあるスポーティな要素がミックスされたティム(tim.)のコレクションに反映されている。
ブランドの特徴となるのは、糸や織りの1つ1つにこだわり丹念に作り上げた素材と、そのテキスタイルが持つ質感を引き立てるデザイン。そこへ異素材の組み合わせや、ステッチ使い、カットワークなど遊び心のあるディテールで、常にどこか新鮮さを感じるスタイルを創り出すところ。オリジナルで作りこんだテキスタイルやボタンは、上質な質感と優しさや親しみを与える。そして服に触れ、着たときに感じる柔らかさや、身体にしっくりとなじむフィット感はもう1つの発見を与える。

ティムのデザイナープロフィール

松村大基(Taiki Matsumura)
1981年東京生まれ。青山学院大学卒業。大手服飾店勤務を経て渡米。NYのFashion Institute of Technology(FIT)を卒業。その後、アパレル会社やショールームに勤め、様々な経験を積む。
2010年秋冬シーズンよりニューヨークで自身のブランド「ティム(tim.)」をスタート。
1stシーズンよりアメリカ・バーニーズ ニューヨークやオープニングセレモニー等で商品が扱われる。

今後も続々到着予定ですので、要注目です。
※店舗限定のブランドです。お問い合わせは各店までお願い致します。

Joy for Entry!

私たちの考えや想いに共感し、
一緒に頑張っていただける方、
是非ご応募ください。
あなたの可能性に期待しています!!

RECRUIT PAGE