お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

TOPICS

"ONE NIGHT STAND" Kick a Show × JOURNAL STANDARD TRISECT-2


DJユニット MO'TENDERSの歌唱担当として活動し、2017年にMONDO GROSSOのアルバムにゲストボーカルとして抜擢され、FUJI ROCK FESTIVALでのステージでも存在感を放っていたKick a Showが2018年、満を持して放つデビューアルバム"The Twelve Love"。
豪華なゲスト陣(G.RINA、 ZEN-LA-ROCK 、 田我流 、 Okadada 、Caryn10、revervkueen、AO、etc...)を迎えた話題作から、Kick a Showの生の歌声やアコースティックギターやキーボードのサウンドが印象的な楽曲、"ONE NIGHT STAND"のミュージックビデオを JOURNAL STANDARD TRISECT-2 がプロデュース。

JOURNAL STANDARD TRISECT-2のウェアを纏ったKIck a Showをはじめ、バックバンドのメンバーやダンサーによるスタジオライブ風景を収録した内容となっている。


Director: motherfucko
Cinematographer: Takuto Shinpo
Lighting Director: Gen Kaido
Production Staff: IYOchang

Styling: Kodai Suehiro
Hair&Make-Up: Yoshikazu Miyamoto

-Back Band-
Guitar: Yuya Matsumura
Bass: Wrng
Drum: Hikaru Abe
Keyboard: Sam is Ohm
Dancer: Yukie Takase
Prod by Sam is Ohm

- Kick a Show -
渋谷・中目黒などを中心に活動するシンガーのKick a Show(キッカショウ)。
活動開始からの2年間でデジタル・リリースしたEP3作や記念すべきデビュー盤となった 『KOIMIMA EP』は、相棒とも言うべきプロデューサーSam is Ohmとのタッグにて抜群のケミストリーを生み出し、コアなミュージック・ラヴァーズを唸らせてきた。
最先端ながらもどこか懐かしさが香るメロディとトラック、R・ケリーなどにインスパイアされたというセンシュアルかつユーモア溢れるリリックが特徴的であり、その内の「友達以上恋人未満」は、<コイミマ>の略称でストリートから愛される代表曲となっている。また、2017年にはG.RINA、ZEN-LA-ROCK、MONDO GROSSOらのアルバムへ連続して参加。その客演を機に『FUJI ROCK FESTIVAL '17』や『りんご音楽祭 '17』など様々な音楽フェスやブロックパーティーにも参加し、その抜群の存在感で魅了し続けている。2018年2月14日、バレンタインデーには「12のラブストーリー」を落とし込んだ待望の1stアルバムをリリースし、たちまち話題沸騰中。

Joy for Entry!

私たちの考えや想いに共感し、
一緒に頑張っていただける方、
是非ご応募ください。
あなたの可能性に期待しています!!

RECRUIT PAGE