タタキ
ジーンズや綿のパンツなどに見られる一般的な裾上げ。ミシンでステッチをかけるのでソフトで丈夫。
シングル
表に折り返しなどのデザインがない、シンプルに見える裾上げ。裏側をまつり縫いして裾を上げるので、表側にステッチが出ない。スーツのパンツなどに多く見られる。
ダブル
パンツの裾が折り返されていて二重になっているタイプ。シングルと同様、スーツのパンツに多く見られる。
チェーンステッチ
裏の縫い目がチェーンのように繋がっているステッチのこと(表はタタキ仕様)。ほとんどのヴィンテージジーンズは、このチェーンステッチで仕上げられている。この仕上げではき込み続けると、裾にうねり(アタリ)が現れる。
USED加工
ジーンズのダメージ部分を残しつつ、裾上げができる人気の加工。縫い代を多めに残した裾部分と、サイズ調整したジーンズ本体の裾部分をつなぎ合わせる。一見、裾上げをしたようには見えない仕上がりに。
やぶれ直し
穴の開いた部分に裏側からあて布をして、ミシンで何度も往復して穴を埋める。わざとステッチを目立つ色にしても可。
ニット直し
共糸を使い穴の開いた部分を編み直す。素材、編地によって後残りがある場合もあります。
↑ TOP