PEOPLE / 職種紹介

店長(家具・インテリア)

西脇 麻古
Journal standard Furniture/2009年入社
PEOPLE12 STORE MANAGER Mako Nishiwaki Journal standard Furniture
店長(家具・インテリア)の仕事とは

現在私は、店長兼ブランド全体のバイヤーとして働いています。
店長としては、接客はもとより、店舗の売上・在庫管理、部下育成等の店舗運営全体のマネジメントや、店内レイアウトの構成等、店舗づくり全般の業務に携わっています。「お客様に喜んでいただいた結果が売上げに繋がる」ということを信じ、お客様目線を一番に考えて仕事に取り組んでいます。例えば、お客様のお部屋のサイズや家具の使用用途だけでなく、壁や床の色、家族構成やペットの有無等を聞き出すことで、よりお客様の求めている商品の提案につなげます。また、朝礼時に前日の販売実績を全員で確認するとともに、好事例を共有し合うことで、部下一人ひとりの接客トークやコーディネート力に磨きをかけています。
一方、バイヤーとしては、シーズンテーマに合う商品であるかはもちろん、これまでの常識に捉われない新しい発想の商品かという視点も重視し買い付けを行っています。自分が選び、お勧めした商品をお客様に選んでいただけた時には、大きなやりがいを感じます。
いずれの仕事においても大切にしているのは、「あらゆるモノ・コト・ヒトに好奇心を持ち続けること」。つねにアンテナを高く張り、一見仕事に無関係に思えることについても、情報を収集したり、観察したり、会話をしたり…。その積み重ねによって、新たな商品やコーディネートのアイデアが生まれることも多く、自分の発想や創造の源泉になっていると感じています。

私の「自分ブランド」

「人との繋がり」を大切にする力が私の強みです。スタッフはもとより、取引先の方やお客様との関係を築き、育てる力。この力は、私自身の力となるばかりではなく、店舗やブランド全体の提案力の強化につながっていると思います。

ある一日の仕事

10:00 出社、メールチェック
10:30 朝礼、店外展示設置
11:00 開店。接客
11:30 入荷商品のチェック
12:30 昼食
15:00 メーカー商談
20:00 閉店作業
20:30 終礼
21:00 退社

Page Top